カルヴァンの終末論

  • カルヴァンの終末論
牧会者として、聖書学者として、カルヴァンは「終末」をどのように捉えたのか? 青年期の「上昇的終末論」から、円熟期の「キリストの王国」実現という広大な幻へと展開していった彼の神学的軌跡を、主著『キリスト教綱要』のみならず、カテキズム・聖書注解・神学論文などを渉猟しながら歴史的・文脈的に明らかにした画期的な書。

著者:吉田隆
出版:教文館

頁数:272ページ
発売:2017/06/14

カルヴァンの終末論

3,190円(本体2,900円、税290円)

購入数

一緒に購入されている商品

カテゴリーで選ぶ