悪魔の大釜からの脱出 サンテリア・スピリチュアリズム・パロマヨンベ

  • 悪魔の大釜からの脱出 サンテリア・スピリチュアリズム・パロマヨンベ
悪魔は本当に存在するのか?
「悪魔の大釜からの脱出ー暗黒から光への旅路」は、ニューヨークのオカルトの世界でかつて第三の地位を持っていたジョン・ラミレスが読者を魔術や交霊術などのオカルトの闇の世界に引き込んでいく。
二十五年間、ジョンは悪魔に仕え、悪魔に全てを捧げて生きてきたがある日突然、彼が知る魔術をしのぐ強力なパワーを持った人物が彼のもとに現れる。
本書はサンテリアという宗教の高祭司として生きてきた彼の血の凍るような体験、そして彼が暗闇から光へ導かれるまでの道のりをたどる実話である。
オカルトにはまるほとんどの人は自分の力では出口を見つけられないのが現状であるが、その暗闇から 奇跡的に救い出されたジョン・ラミレスが、その体験を今私たちに語る。


著者:ジョン・ラミレス
訳者:大塚友子
校正:ロイドみよ
出版:リーハイバレー・ジャパニーズ・ミニストリーズ

悪魔の大釜からの脱出 サンテリア・スピリチュアリズム・パロマヨンベ

1,815円(本体1,650円、税165円)

購入数

カテゴリーで選ぶ