その「宗教」は本物か 旧統一協会の不都合な真実

  • その「宗教」は本物か 旧統一協会の不都合な真実
連日、旧統一協会関連の報道がなされる中、忘れられがちなことがあります。それは、旧統一協会が、たとえ「似非」であろうと、宗教団体だということ。そして、宗教を理解するには、宗教的知見が不可欠だということです。法律家の視点、心理学者の視点、ジャーナリストの視点だけでなく、宗教家の視点から見ることが不可欠なのです。

霊感商法一つ取ってみても、なぜこれほど非常識な物売りを日本人の協会員たちが行ってきたのか。なぜ本場の韓国では同様の社会的問題が起きていないのか。それは、統一協会の宗教的教えを踏まえなければ理解できません。彼らの「不都合な真実」を暴く必要があります。

本書は、統一協会員の救済活動を40年以上続けてきた牧師と、統一協会を脱会して牧師になった弊社編集長の共著。宗教的視点に立った証言集です。

ほかに、6人の脱会者の貴重な証言も収録しています。

(福音社HPより)

出版社: 福音社
著訳者: 和賀眞也/花田憲彦:共著
発売/発行年月: 2022年9月
判型: 四六
ページ数: 184

その「宗教」は本物か 旧統一協会の不都合な真実

1,760円(本体1,600円、税160円)

購入数

カテゴリーで選ぶ