神学は語る パウロと律法

  • 神学は語る パウロと律法
神学テーマをとりあげ、簡潔な見取り図を提供するシリーズ最新刊

信仰義認を唱えたパウロは、「律法」に対して実際のところどのような姿勢をとっていたのか。「律法の誤り」
とは何か。ルター的「福音か律法か」の対立図式は正しいのか。20世紀終盤に大きく転換した「パウロの律法観」理解、その今なお続く議論の潮流を概観できる1冊。

【目次】
第1章 律法は高慢という姿勢を助長する
第2章 律法はキリストではない
第3章 律法は限定的である
第4章 ルター/ブルトマンの「復権」?
第5章 広がり行く展望
第6章 新しい「中心」?

著者: ヴェロニカ・コペルスキ
訳者:澤村雅史
出版: 日本キリスト教団出版局

発売: 2021年10月

神学は語る パウロと律法

3,740円(本体3,400円、税340円)

購入数

カテゴリー