神学は語る 聖書とキリスト教倫理

  • 神学は語る 聖書とキリスト教倫理
幸福とは? 正しさとは? より善く生きるとは? こうした問いに答えるため、今日どのように聖書を用いたらよいのか。この切実な課題をめぐり、現代神学者たちの考察を五つに分類して提示する。聖書によって自ら考え、生きるための、基礎体力を育む書。


【目次】

第二版へのまえがき

序 論
  解釈学の挑戦
  共同体が聖書を解釈する
  解釈学から倫理学へ

第1章 神の命令 
  機.妊ートリッヒ・ボンヘッファー──服従
     道徳的基準としてのキリストの十字架
  供.ール・バルト──神の命令
     主権者にして神的なる司令官
     律法──福音の要求
  神の命令への服従

第2章 道徳の備忘録としての聖書
  機\蚕颪砲ける自然道徳
     自然主義倫理学の神学的根拠
     自然主義倫理学と聖書
  供.リスト教的動機づけと人間道徳の内容
  掘ー律的キリスト教倫理学への挑戦
     A.哲学的挑戦
     B.「信仰倫理」の挑戦

第3章 解放への召命
  機.薀謄鵐▲瓮螢における解放の神学の進展
     解放する聖書
  供_鯤の倫理を解釈する
     解放者イエス、神の支配、そして貧しい人々
     解放の実践
  掘.侫Д潺縫好伐鮗甞悗伐鯤
     初めは平等に弟子であった
     歴史から実践へ

第4章 弟子になることへの召命
  機.淵薀謄ブ神学と人格の共同体
     ストーリーと教会がキリスト者のアイデンティティを
       形成する
     ストーリーを適用する
     共同体のストーリーをテストする
  供,燭箸話:聖書全体を浮き彫りにする福音
     たとえ話が解釈者を解釈する

第5章 応答する愛の基盤としての聖書
  イエスの新しい命令
  キリスト者の道徳生活のための具体的普遍なるイエス
  機〃亳海砲けるパターンを識別する
     テストケース
       ──H. リチャード・ニーバーによる神の行為の識別
  供.リスト者がどのように行為すべきかは聖書が導く
     感謝と希望──記憶から行動への道
     テストケース
       ──エルサルバドル人による十字架や復活との自己同一化
     礼拝、観想、そして道徳的傾向性
  掘\蚕颪キリスト者のアイデンティティを形成する
     聖書のイメージ・感情・ストーリーの使用を統制するもの
     テストケース
       ──イエスの男性性と現代フェミニズム
  結 論

  注/訳者あとがき

著者:ウィリアム C.スポーン
訳者:徳田 信
出版:日本キリスト教団出版局

神学は語る 聖書とキリスト教倫理

2,640円(本体2,400円、税240円)

購入数

一緒に購入されている商品

カテゴリーで選ぶ

モバイルショップ