ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー

  • ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー
ようこそ、スピリチュアル・テーマパークへ
近代化による宗教の退潮を唱えた世俗化論は、長らく宗教研究の基盤となってきた。しかしいま、ディズニーランドに象徴されるポストモダンの情報・技術・消費社会において、従来の制度や組織を超えた多様な宗教的営為が開花している。そのメカニズムを分析、宗教社会学の新たな枠組みを模索しながら自らのキリスト教的倫理をも開示する、監視社会論の泰斗による異色作

【目次】
序 章
第1章 ディズニーランドでイエスに出会う
第2章 信仰の運命
第3章 ポストモダンのきざし
第4章 時のしるし
第5章 自己を買い求めて
第6章 グローバルな聖霊
第7章 短縮する時間
第8章 信仰の未来
訳者解説

【著者について】
デイヴィッド・ライアン(David Lyon)
1948年生まれ、カナダ・クイーンズ大学教授、社会学者。監視社会論で世界的に知られるほか、キリスト教信仰に基づいた社会倫理と社会学的分析を結合させた独自の研究を行う。著書は監視社会論、ポストモダン論、情報社会論など多岐にわたり、邦訳に『監視社会』(河村一郎訳、青土社、2002年)、『9・11後の監視――〈監視社会〉と〈自由〉』(田島泰彦監修、清水知子訳、明石書店、2004年)、『監視文化の誕生――社会に監視される時代から、ひとびとが進んで監視する時代へ』(田畑暁生訳、青土社、2019年)などがある。

出版:新教出版社

2021年1月31日

ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー

3,850円(本体3,500円、税350円)

購入数

カテゴリー