古代ギリシア教父の霊性 東方キリスト教修道制と神秘思想の成立
人間の存在全体をかけて神を賛美する
初代キリスト教の伝統はすべての教会の共有財産であり、その形成に貢献したのが「古代ギリシア教父」である。彼らが模索した「神に向かう人間のあり方」は「キリスト教霊性」と称されるものに結実し、修道制と神秘思想、また神化思想を成立させた。現代も東方キリスト教において権威を堅固に保ち続けている、彼らの信仰と教えの遺産とはどのようなものか。キリスト教霊性思想の起源と発展を探究し、その核心に迫る好著。

【目次より】
第1部 キリスト教霊性思想の源泉
第2部 キリスト教神秘思想の源泉
第3部 東方キリスト教修道制の成立
第4部 カッパドキア三教父の霊性
第5部 東方修道神秘思想の瀬尾立
第6部 東方神化思想の成立


著者:久松英二
出版:教文館

2018年11月

販売価格  4,104円(本体3,800円、税304円)

購入数  

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.