神と向き合って生きる
魂をゆり動かす23の説教

「祈りは自然にほとばしりでます。喜びや感謝はもとより、自分たちのおかれているところから、さまざまな問いを投げかけたり、虚無的な想いをつぶやいたりして、神からの応えである『み言葉』を聴き取ります。同時に『あなたはどこにいるのか』と神から質問されてたじろいだりします。神と人との関係性を表す『対話』が綴られているのが聖書です。説教は、その対話を証言する『祈り』と言ってもいいでしょうか。」(あとがきより)

【目次より】
I 聖書の神話
 人間創造のミステリ
 わたしたちの〈いのち〉の源流
 人間の存在理由を問う神話

II 信じる
 大人が再発見すべきこと
 わたしたちに与えられた〈いのちの水〉
 よし、わたしにもできる
 「わたしを束ねないで」の願い
 わたしたちが引き継ぐベき「生き方」

III 祈 る
 人間の解放と平和への祈り
 サタンの誘惑に負けそうなとき
 おカネよりも大切なこと
 「平和の君」の誕生物語
 喜ばしいキリスト教へ

IV 愛する
 愛し合うという掟
 重荷を下ろし、深呼吸できる場所で
 ボランティア精神って何でしょう?
 言葉が心に届いたとき
 神の知恵は人間の想像力を呼び起こす

V 生きる
 みーんなムダにならない
 日本人なら誰でもわかる「天」という発想
 混迷・不安・恐怖からの癒やし
 平和をつくり出す力
 「すべての人に仕えなさい」――バルメン宣言第四項

【著者について】
よこた・さちこ氏は日本基督教団隠退教師。1933年生まれ。大泉教会、塩尻アイオナ教会などで牧会。1995年から2003年まで教会女性会議の中心となって活動した。現在は松本市在住。著書『イエスと呼応し合った女たち』(1995年)ほか。

出版:新教出版社

2018年1月30日

販売価格  1,836円(本体1,700円、税136円)

購入数  

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.