スコットランド啓蒙の社会理論 知泉学術叢書27

  • スコットランド啓蒙の社会理論  
知泉学術叢書27
「スコットランド啓蒙」とは,ヒューム『人間本性論』からスミス『道徳感情論』の刊行に至る1740-90年までの半世紀,中でも1750年から75年までを「中核」とする40名に及ぶ幅広い思想家の作品群によって構成された概念で,社会思想の観点から啓蒙の時代と精神を解明する。
「社会理論」とは,歴史の理論化作業,政治的・経済的著作,道徳哲学,スコットランド人の「文化的」争点等についての一般的で包括的な関心を意味する。これら多様な哲学,政治,経済,歴史,宗教,文化等の諸領域の相互依存的な関係を横断的・有機的に考察することがスコットランド啓蒙の最大の特徴である。その中心にある「四段階理論」では,文明化した狩猟・採取→牧畜→農業→商工業の四段階の発展理論を展開している。
本書はスコットランド啓蒙の定義に始まり(1章),17世紀的な個人主義と理性主義を批判して,人間の諸制度と行為の正しい理解を示し(2章),さらに科学革命を発展的に継承したヒュームの因果論と推測的歴史論を探究した(3章)。次に普遍的な人間本性から多様な国民性を説明し(4章),文明社会の歴史と社会制度が複雑に進化するのを考察(5章),商業社会によるそれ以前の社会状態の改善を,欠点も含めて検討し(6章),そして宗教と趣味,文化が,これまでの議論にとり不可欠なことを解明する(7章)。最後に研究史の多様な解釈を概観する(8章)。世界的研究者による類のない画期的な概説書である。

日本語版への序
序文
略記号

第1章 啓蒙とスコットランド
 1 啓蒙
 2 18世紀スコットランド
  (顱法\治
  (髻法〃从
  (鵝法ゞ飢
  (堯法‖膤
  () 「時代の精神」

第2章 社会性と個人主義批判
 1 証拠
 2 社会性の説明
  (顱法)槐
  (髻法_搬
  (鵝法〕Ь陲斑蘋
 3 個人主義の批判
  (顱法ー然状態と社会契約
  (髻法〇間,習慣,そして正統性
  (鵝法[法者の批判
 4 意図せざる結果と目的合理性の格下げ
  (顱法ー匆馘複雑性
  (髻法.侫 璽ソンと「対立」
  (鵝法.好潺垢函峺えない手」
  (堯法\殕と楽観
 5 結論

第3章 科学,説明,歴史
 1 ベイコン主義
 2 因果的説明
  (顱法(語の連結
  (髻法ゞ然性と規則性
  (鵝法.劵紂璽爐琉果論
  (堯法.好潺垢伐奮愡
 3 推測的歴史
  (顱法仝酸瑤畔法
  (髻法[鮖砲糧楼
  (鵝法[鮖砲侶
  (堯法[鮖砲遼楴
  () 歴史の諸前提
 4 結論

第4章 社会の多様性
 1 相対主義
 2 道徳的および物理的原因
  (顱法\睫世筏述
  (髻法(理的原因
  (鵝法‘仔租諸原因
  (堯法/癖發箸修瞭鵑弔慮彊
 3 結論

第5章 社会の歴史
 1 ロック,経験主義,原始的心理学
 2 所有権と四段階理論
 3 身分
  (顱法”従の社会心理学
  (髻法|耄身分
 4 統治(政府)と権威
  (顱法ゝ遡海罰很
 5 生活様式と女性
 6 結論

第6章 商業社会
 1 繁栄
  (顱法(業
  (髻法”郎い糧畛瓦
 2 自由,正義,法の支配
  (顱法‐Χ箸僚亳
  (髻法〇埔譴繁,了拉
  (鵝法‐Χ箸塙饑
  (堯法ゞ畭綸自由
  () 正義
 3 商業,徳,腐敗
  (顱法\亀舛反琉
  (髻法〇篥な仕事と公共の活動
  (鵝法/祐崟と勇気
  (堯法《侈論争
  () 「疎外」と分業
  () 民兵論と分業
  () 公信用
 4 結論

第7章 社会的価値
 1 道徳理論
  (顱法(弧
  (髻法.魯船愁鵑汎仔全恭
  (鵝法.劵紂璽燹ざΥ供だ亀
  (堯法.好潺后ざΥ供じ平な観察者
  () 良心
 2 宗教
  (顱法―ゞ気亮然史
  (髻法〔誼里反念
  (鵝法〔多と聖職者の政略
  (堯法ヾ饑廖だ殕,設計
 3 趣味
  (顱法ー駝の基準
  (髻法“禀床箸噺威
  (鵝法\験萢夕阿畔験
 4 結論

第8章 スコットランド啓蒙を読み解く
 1 説明的読解
  (顱法.ぅ妊ロギー的読解
  (髻法(顕重読解
  (鵝法|寮的読解
 2 意義の読解
  (顱法ー匆餝
  (髻法ー由主義

解説
文献目録
索引


著者:クリストファー・J・ベリー
訳者:坂本 達哉、壽里 竜

出版年月日2023/11/15

判型・ページ数 新書・508ページ

出版:知泉書館

スコットランド啓蒙の社会理論 知泉学術叢書27

6,820円(本体6,200円、税620円)

購入数

カテゴリーで選ぶ