夜が明けそめたとき

  • 夜が明けそめたとき
「生きて」とささやく友の声

「生きよ」と響く天からの声

追いつめられ、死を願うほどの絶望の縁に立たされた人間にもなお、朝の光は差し込むだろうか。1960年代の一地方都市に立つ病院を舞台に深遠な宗教的テーマを追求したノベル。

出版社: ヨベル
著訳者: 原野百合:著
発売/発行年月: 2022年12月
判型: 四六
ページ数: 160

夜が明けそめたとき

1,540円(本体1,400円、税140円)

購入数

カテゴリーで選ぶ