セカンドチャンス(死後の回心の機会)の福音

  • セカンドチャンス(死後の回心の機会)の福音
「未信者は死の直後に地獄なので救われる機会はない」は聖書の教えではありません。
「(陰府の)死んだ人々」も「イエスを主と告白するなら救われる」(ロマ10・9、14・9)
聖書と反対論者とどちらを信じますか?

「もしあなたの口でイエスを主と告白・・・するなら、あなたは救われる。・・・キリストは、死んだ人(陰府(よみ)にいる人々)にとっても・・・その主となるために、死んで、また生きられた」(ローマ10:9、14:9)

「それ(イエスの十字架と復活による福音)は・・・天にあるもの、地にあるもの、地の下(陰府)にあるもののすべてが、ひざをかがめ、すべての口が、『イエス・キリストは主である』と告白して、父なる神がほめたたえられるためです」(ピリピ2:10-11)

4世紀以降、キリスト教界から失われた陰府(よみ)の観念と、陰府でのやり直しの機会=セカンドチャンスの福音を、聖書から掘り起こし、聖書的な死後観を持とう。

著者:久保有政
出版社: レムナント出版

2022年8月

セカンドチャンス(死後の回心の機会)の福音

1,320円(本体1,200円、税120円)

購入数

カテゴリーで選ぶ