八木重吉 家族を詩う

  • 八木重吉 家族を詩う
若くして愛する妻と子どもを遺して召された詩人・八木重吉。
自然や信仰をうたった詩に加え、深い家族愛から作られた作品を紹介しながら、重吉と家族の物語をたどる。さらに、ほぼ無名のまま亡くなった重吉の作品を復活させた妻とみ子のエピソードも収録。

日本キリスト教団出版局 編
出版:日本キリスト教団出版局

2022/08/25

ISBN 9784818411166
判型・ページ数 A5変・80ページ

八木重吉 家族を詩う

1,320円(本体1,200円、税120円)

購入数

カテゴリーで選ぶ