戦後文学と聖書

  • 戦後文学と聖書
日本の近現代作家におけるキリスト教の影響をめぐって

<目次>
第1章 様々な分岐点
第2章 既成作家と聖書
第3章 無頼派作家と聖書
第4章 戦後派作家と聖書
第5章 中間小説と聖書
第6章 “第三の新人”と聖書
第7章 戦後評論と聖書


著者:長濱拓磨
出版:かんよう出版

2022年3月31日

戦後文学と聖書

1,980円(本体1,800円、税180円)

購入数

カテゴリーで選ぶ