社会の中で虐げられている人たちから学んだ ――タグレ枢機卿の人生、そして希望――

  • 社会の中で虐げられている人たちから学んだ ――タグレ枢機卿の人生、そして希望――
教皇フランシスコが選出された2013年のコンクラーベ(教皇選挙)によって、世界中にその名が知られるようになったタグレ枢機卿。彼の話は、なぜ人の心を打つのか。彼は、車も持たず、人に会うためにバスで外出し、華美な服装を求めず、ごく普通の平服を好む。本書は、教皇フランシスコのスタイルに最も近い枢機卿と言われ、現ローマ教皇庁福音宣教省長官を務めるルイス・アントニオ・ゴキム・タグレ枢機卿になされたインタビュー記事である。

●目次
本書について  前田万葉(大阪大司教区大司教 枢機卿)
発刊に寄せて  エドガル・ガクタン(仙台教区司教)
はじめに
1 庶民の子
2 医学から司祭へ
3 貧しい人たちから学ぶ
4 神学への思い
5 マニラ、フィリピン
6 アジアの現在、そしてこれから
7 エコロジーと『ラウダート・シ』
8 おわりに


インタビュアー:ジェローラモ・ファッツィーニ、ロレンツォ・ファッツィーニ
訳者:古川 学

【著者紹介】 ルイス・アントニオ・ゴキム・タグレ枢機卿
1957年生まれ。
枢機卿、教皇庁福音宣教省長官、教皇庁立ウルバノ大学総長、前マニラ大司教。
著名な神学者で元国際神学委員会メンバー。
国際カリタス総裁、カトリック聖書連盟総裁。

判型:B6判 並製
ページ:212頁
ISBN:978-4-8056-3920-7
出版:サンパウロ




2022年5月

社会の中で虐げられている人たちから学んだ ――タグレ枢機卿の人生、そして希望――

1,980円(本体1,800円、税180円)

購入数

カテゴリーで選ぶ