祈りの芽ばえ〜東日本大震災ボランティア日記〜

  • 祈りの芽ばえ〜東日本大震災ボランティア日記〜
【はじめに】
わたしにとって、クリスチャン・ボランティアとしての被災地訪問は「言葉探しの旅」だったのかもしれません。3月11日の東日本大震災は、大水によって旧い時代の価値観を押し流してしまいました。私はその状況を表現できず、まるで言語喪失に陥ったかのような感覚に捉えられました。…その時に、被災地で学んだことは、論理の言葉が役に立たない時に、祈りの言葉が生きる力を与えてくれたということです。私だけではなく、多くの人にとって祈りは深い慰め、奉仕の力へと導いたのです。そこで、祈りの日記を書いてみることにしました。…埼玉県・鳩山のぞみ教会 宮崎誉

【著者】
宮崎 誉・みやざき ほまれ
1974年、横浜市生まれ。米国テキサス州ダラス市にあるクライスト・フォー・ザ・ネイションズ神学校卒業(1995年)。東京聖書学院卒業(1998年)。日本ホーリネス教団東京聖書学院教会で副牧師として4年間働く。合同メソナイト聖書神学校卒業(2005年)。現在、日本ホーリネス教団鳩山のぞみ教会牧師。

共著『ホーリネス信仰と葬儀説教−説教塾ブックレット7』(キリスト新聞社)、『心に届けようバイブルメッセージ!−子ども説教のための7つのステップ』(日本ホーリネス教団)
共訳『説教をめぐる知恵の言葉・下−古代から現代まで』R・リシャー編(キリスト新聞社)、『敵対から共生へ−平和づくりの実践ガイド』ジョン・P・レデラック著(東京ミッション研究所)

出版:プレイズ出版

祈りの芽ばえ〜東日本大震災ボランティア日記〜

165円(本体150円、税15円)

購入数

カテゴリーで選ぶ