恩寵燦々と 聖霊論的自叙伝 下巻 「雄飛の時」

  • 恩寵燦々と 聖霊論的自叙伝 下巻 「雄飛の時」
待望の自叙伝、遂に完結!

試練や苦難の中にこそ、神の恩寵は込められているのである。これが十分に分かっていないところに、今日の日本の教会の問題があるのかもしれない。その結果、教会は衰退に衰退の道を辿っている。私はこのような衰退しつつある教会の起死回生を何とか図りたいと願っている。(本書「あとがき」より)

著者:手束正昭
出版:キリスト新聞社

発売日:2021年12月

恩寵燦々と 聖霊論的自叙伝 下巻 「雄飛の時」

2,200円(本体2,000円、税200円)

購入数

カテゴリー