「主の祈り」を生きる コロナ禍で浮き彫りになった課題とともに 【おくたま福音文庫】

  • 「主の祈り」を生きる コロナ禍で浮き彫りになった課題とともに 【おくたま福音文庫】
集まれない礼拝、控えられた賛美、聖餐式――続くコロナ禍、教会に突きつけられた現実の中で、今問われていることは何か。
聖書を通して「神の民」に与えられた視座に立ってあらためて見えてくるものを考える。
奥多摩福音の家で行われたセミナーを元にした一冊。


ページ数:74頁
判型:B6判


出版:いのちのことば社
著者:赤坂泉

2021年12月

「主の祈り」を生きる コロナ禍で浮き彫りになった課題とともに 【おくたま福音文庫】

880円(本体800円、税80円)

購入数

カテゴリーで選ぶ