聖書の「死と天国」

  • 聖書の「死と天国」
キリスト教の死後の世界とはどんなものか。また我々はどこまで死の神秘を知ることを許されるのか。聖書の記述を忠実に読み解くとき現れる天国や最後の審判の姿と生の意味。

著者:鈴木崇巨
出版:春秋社

2021年11月20日

聖書の「死と天国」

2,530円(本体2,300円、税230円)

購入数

カテゴリー