聖書協会共同訳 詩編をよむために

  • 聖書協会共同訳 詩編をよむために
聖書協会共同訳準拠の「詩編」ガイドブック

多様な読み方が可能な詩編を、最新の聖書協会共同訳で味わうための道先案内となる、ガイドブックです。
聖書協会共同訳の詩編の翻訳事業に携わり、各ご専門の分野の第一線でご活躍中の先生方による、それぞれの視点からの行き届いたレクチャーが、詩編の豊かな世界へ導いてくれることでしょう。

『詩編をよむために』各項目のタイトル、その執筆者と内容
●「詩編の基礎知識―構成、技法、研究史、そして……」 飯 謙
詩編に使われる聖書特有の技法、また詩編全体の構造について、最近の研究の傾向にも触れつつ解説します。
●「詩編に親しむ―心に泉を」 春日 いづみ
歌人として、うたとしての詩編の魅力について、幾つかの詩編と、日本の歌人の作品にあたりつつ語られます。
●「川のある風景」 石川 立
3つの「川」のほとりが描かれた詩編を取り上げ、具体的に読みとれる事柄を深く味わいます。
●「天を仰いで神に歌う―悲しみ、嘆き、報復の詩がなぜ詩編にあるのか」 石田 学
詩編の中に幾つも見られる、信仰者によるものとは思えない嘆きや呪いの言葉から多くを考えさせられます。
●「詩編を日本語で歌う―「典礼聖歌」を手がかりとして」 西脇 純
答唱詩編、典礼聖歌などカトリックの典礼における詩編の位置づけと魅力について述べられます。

判型: A5
ページ数: 160

出版: 日本聖書協会
発売: 2021年10月

聖書協会共同訳 詩編をよむために

1,210円(本体1,100円、税110円)

購入数

カテゴリー