ヘブライズムvsヘレニズム機/世基準か 人間が基準か

  • ヘブライズムvsヘレニズム機/世基準か 人間が基準か
世界には大きく分けて2つの価値観があります。
創造主を基準とする価値観(ヘブライズム)と、人間を基準とする価値観(ヘレニズム)です。この土台が、どのように異なるのか、そしてこの違いが、何につながってくるのか。

このシリーズの第1巻「神が基準か 人間が基準か」(川端光生著)を出版しました。

前半部分は、これまで牧師たちの学びYORIAIの会員用サイトに連載してきた「創造主が万物の基準であるVS人間が万物の基準である」を掲載。

後半部分は、あかしあの木サイトで連載してきた「神の存在証明」の改訂版を掲載しています。

著者:川端光生
出版:あかしあの木出版


『ヘブライズムvsヘレニズム 神が基準か 人間が基準か』 正誤表 

p47 後ろから4行目  ×「競技」  〇「教義」

P61 後ろから2行目  ×「存在すのは」  〇「存在するのは」

P67 後ろから6行目  ×「ユダヤ時」  〇「ユダヤ人」

P78 最後の行、p79 3行、5行目  
×「アップレート」  〇「アップグレード」

P86 前から6行目  下線部を正しく整えました。
*人類史や、現代そして将来を悲観的に考えすぎではないか。五百年、千年単位で見れば、貧困、病気、身分格差、人種差別などは改善し、自由、平等の思想が世界に広まっているではないか。

P126 前から4行目   ×「すべの民族」  〇「すべての民族」

ヘブライズムvsヘレニズム機/世基準か 人間が基準か

1,320円(本体1,200円、税120円)

購入数

カテゴリー