天国なんてどこにもないよ それでもキリストと生きる

  • 天国なんてどこにもないよ それでもキリストと生きる
救いの見えない苦しみをすべてイエスにむかってぶつけろ!!

目の前に広がる絶望に満ちた現実世界。暴力、差別、災害、孤独、パンデミック。理不尽に苦しむ人々に自分は何ができるのか? 孤独と闘い、イエスにぶつかり続けた牧師が、矛盾だらけの聖書に食らいつき、絞り出した魂の叫び!

〈悩んだまま〉を赤裸々に語り好評を得た、キリスト教放送局日本FEBCの番組「もっとイエスにぶつかる」シリーズに、書下ろしを加えて贈る初の説教集。


【目次】

プロローグ イエスはどこにいるんだ?

機/世録じるものではなくて疑うもの

#1  イエスは折れたぶどうの木

#2  クリスチャンにならずでもキリストを信じる

#3  信仰などもっちゃならない。いや持てないんだ

#4  救い主とか、そういうのいらないんだよね

#5  洗礼の悲しみ

#6  洗礼は人生の特効薬ではない

#7  聖者の怒り

#8  同調圧力なんて完全無視で良い

供/世気沺△海鵑覆錣燭靴魑澆辰討茵

#9  希望も光も品切れ中

#10  誰も救えない、それでもあなたに会いに行く

#11  悪から救い出したまえ

#12  前例もタブーも越えて

#13  日曜日午前10時半の教会は終わる

#14  わたしは神の子を天国から追い出した

#15  ボロボロでカラカラのイエス

掘\篷召茵△気◆△かってこい!

#16  キリストの十字架は失敗だったのか

#17  信じ続けるよりも疑い続けることを

#18  聖書は聖なる絶望の書物

#19  赦せないよな、赦さなくていいよ

#20  ユダは裏切り者なんかじゃないだろう?

#21  内輪に嫌われ、アウェイに愛される

#22  クリスマスはキリストが死んだ日

#23  神から逃げられない――パンデミックの中の渡米

エピローグ 今日も地獄の真ん中で泣いて、少し笑う

著者:関野和寛
出版:教文館

2021年8月30日

天国なんてどこにもないよ それでもキリストと生きる

1,650円(本体1,500円、税150円)

購入数

カテゴリー