限りなき 主の栄光を求めて

  • 限りなき 主の栄光を求めて
ロングセラー『いと高き方のもとに』 の全訳(新訳)・改訂版。

恵みに満ちた語りかけに応えて、ただ主を求め、主とともに歩むことをすすめる聖書日課。

聖書学院で語られた珠玉のメッセージを、夫人が366 日の黙想に編集。

多くの人々の信仰を養ってきた名著をわかりやすく訳し直した待望の一冊。

【『限りなき 主の栄光を求めて』刊行に寄せて】
本書は、原書発刊(1927年)以来、途絶えることなく版を重ね、世界の四十近い言語に翻訳されてきた古典的名著の新訳です。我が国でも湖浜馨先生が訳された『いと高き方のもとに』は、これまで多くの信徒のかけがえのない霊的な糧でした。しかし、一部誤訳や紙幅による省略もありました。原書は著者の死後、夫の説教草稿等を夫人が編纂して成ったもので、英語圏においても現代語訳や副読本が出ているぐらいですから、旧訳によって与えられた恵みに感謝するものです。
尾崎富雄先生は、長くこの名著を愛して信仰の糧として歩んでこられた方です。訳者は、確かな語学力と霊的知恵と思慮をもって百年前の英語に向き合い、訳し終えた一日一日の霊想をご自分が牧する教会の聖徒たちと分かち合いながら、この訳を成し遂げられました。言葉と文の内側に入り込むような誠実、周到、精緻な訳業です。この渾身の完訳『限りなき 主の栄光を求めて』は、歴史を貫く真正な福音派の信仰を伝える声として、この時代の日本の教会への価値ある贈り物であり、講壇の言葉とクリスチャンの生き方への祈りを込めた問いかけです。
惠泉四街道教会牧師 後藤敏夫

発売日: 2021年07月01日
発行: いのちのことば社
ページ数: 438ページ
商品番号: 13240

限りなき 主の栄光を求めて

3,960円(本体3,600円、税360円)

購入数

一緒に購入されている商品

カテゴリー