聖書は性についてどう教えるか 「雅歌」に学ぶ

  • 聖書は性についてどう教えるか 「雅歌」に学ぶ
現代の性の歪みはキリスト教圏において著しい。

著者はその原因をキリスト教の霊肉二元論が性を卑しんできた反動と見ています。

「雅歌」は、純粋、大胆、率直な男女の性愛を歌っています。

性を罪悪視したパウロ、教父、教会は、この書を文字通りに受け取らず、寓意や予型論など別様に解釈してきました。

創世記のはじめに神が男女の性を祝福した流れの中でこの書を取り上げ、現代の歪んだ性に対置することは面白い試みであり、イエスの女性観にも通じるものです。

聖書の中に男女の性愛のみの書が残されたのは大きい。



[もくじ]

一  はじめに

二  性の重要性

三  キリスト教における性の意味づけ

四  雅歌の解釈

五  雅歌の特質

六  雅歌本文

七  雅歌に学ぶ性の位置づけ

八  全人格的福音への回帰

あとがき

出版:教文館
著者:佐藤全弘
2006年11月

聖書は性についてどう教えるか 「雅歌」に学ぶ

2,090円(本体1,900円、税190円)

購入数

カテゴリーで選ぶ