ロックフェラーが知っていた「もうけ方」
ビル・ゲイツを上回る大富豪が貫いた、とんでもない大原則。ロックフェラー財団を築いた初代ロックフェラーは、熱心なクリスチャン。彼の富の祝福には、信仰者の母から受けた信仰の基準を貫きつづけた背景がある。什一献金を徹底し、社内に什一献金の部署までつくっていたという。 ビジネスマンへの伝道、信仰者への励ましに最高!!

<目次>

機〇劼匹盪代

両親 母親の教え お金の価値を知った子ども 少年時代 母親との三つの約束

供ー磴せに始めた事業

人生の歩み出し 会計帳簿A 事業を始める 十九歳の執事 神様から頂いた賜物 家庭が与えられる 王の前に立つ 五番目の子ども

掘^貔犬鬚気気欧神侈事業

危機の克服 信じたら任せる 未来を見通す洞察力 世の中を変えた考え方 産業界のナポレオン 最も家庭的な億万長者 妻の家庭教育

検.蹈奪フェラーの帝国

ブロードウェー二十六番街 を通して得られた悟り 慈善実業家、ロックフェラー 神様のご計画 引退 ロックフェラー財団 ロックフェラー二世

后ヾ袷瓦平仰

世界一の富豪が持った小さな望み 果てしない慈善事業 もっと大きな喜び 神様のみことばに答える ロックフェラーが残したもの

四六判 325ページ

著者:イ・チェユン(李彩潤) 
訳者:高橋 淑恵 
出版:小牧者

販売価格  1,728円(本体1,600円、税128円)

購入数  

この商品を買った人はこんな商品も買ってます
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.