香港の民主化運動と信教の自由

  • 香港の民主化運動と信教の自由
信じる自由は誰にも奪えない!

2020年6月に「香港国家安全維持法」が施行されてから、言論・報道・出版・集会等の「表現の自由」が脅かされている香港で、今後「信教の自由」はどうなるのか? 信仰の力によって戦う香港の宗教者たちの生の声を聴く。

【もくじ】
推薦のことば(平野克己)

序章 国家安全維持法下で揺れる香港のキリスト教(松谷曄介)

第1章 「香港牧師ネットワーク」と「香港2‌0‌2‌0‌福音宣言」

「香港2‌0‌2‌0‌福音宣言」
付属文書
1 「神の国」の福音(1)──個人の魂の救いだけでよいのか
2 「神の国」の福音(2)──その社会・政治との関係
3 政教分離とは何か
4 政治権力に対する服従と抵抗
深淵から呼び求める七日間の祈り
「逃亡犯条例」改正反対運動から「香港牧師ネットワーク」結成まで
「香港2‌0‌2‌0福音宣言」を読む(朝岡勝)

第2章 香港国家安全維持法と信教の自由

香港の政治と信教の自由(倉田徹)
政治問題に直面する香港教会(袁天佑)
国安法の暗雲下における香港教会(邢福増)

第3章 香港民主化運動におけるキリスト者の声

信仰と民主の夢(戴耀廷)
鐘を鳴らす者の言(朱耀明)
バチカンにより破滅の道へと追いやられた中国カトリック教会(陳日君)

第4章 中国大陸の信教の自由

キリスト信仰のための声明(王怡ほか、牧者署名)
私の声明──信仰的不服従(王怡)
暗闇の時代に命がけで道を証しする伝道者・王怡牧師(邢福増)

編者あとがき(松谷曄介)

出版:教文館

2021年1月30日

香港の民主化運動と信教の自由

1,980円(本体1,800円、税180円)

購入数

カテゴリー