ただ一つの契約の弧のもとで: ユダヤ人問題の神学的省察

  • ただ一つの契約の弧のもとで: ユダヤ人問題の神学的省察
ホロコーストを生んだ根深いユダヤ人憎悪と排除。その淵源には「キリスト殺し」「キリストを受け入れない固陋な民」「神はイスラエルとの契約を破棄して教会と新たな契約を結んだ」といった観念が、キリスト教の内部に神学的に構造化されているからだ。だがはたして神とイスラエルとの契約は破棄されているのか? 本書は、新約聖書の厳密な釈義と論争史の丹念な追跡によって、キリスト教社会に宿痾のように存在してきた反ユダヤ主義の誤謬を剔抉し、併せてイスラエルの民との契約に発する救済史の新たな捉え直しを迫る労作である。

著者について

1942年、中国河南省開封市に生まれる。上智大学外国語学部ドイツ語学科、東京大学文学部宗教学宗教史学科を卒業した後、マインツ大学、ミュンヘン大学、ベルリン自由大学に留学。Ph.D(1981年、ベルリン自由大学)。山梨英和短期大学教授、フェリス女学院大学教授を歴任。日本基督教団佐久教会信徒伝道者。著書『世のために存在する教会――戦争責任から環境責任まで』(1995年、新教出版社)、訳書『ATD旧約聖書注解』第16巻、『トゥルナイゼン著作集』第6巻、『カール・バルト説教選集』第4巻、D.フルッサー『ユダヤ人イエス』、編訳書B.クラッパート『ソクラテスの死とキリストの死』他。
登録情報
出版社 : 新教出版社
発売日 : 2020/12/21
言語: : 日本語
単行本 : 238ページ

ただ一つの契約の弧のもとで: ユダヤ人問題の神学的省察

2,640円(本体2,400円、税240円)

購入数

カテゴリー