キリスト教古典叢書 キリスト教信仰

  • キリスト教古典叢書 キリスト教信仰
新時代の神学を切り拓いた古典的名著

「近代神学の父」「実践神学の創始者」と称されるフリードリヒ・シュライアマハー(1768-1834)の主著。『信仰論』の通称で知られ、19世紀プロテスタント神学の礎石となった記念碑的著作。従来のキリスト教教説を全面的に問い直し、教会で共有される「敬虔な自己意識」の分析を出発点として教義学の根本的再建を試みる。一時代を画した不朽の名著が、刊行から200年を経て初の日本語全訳で蘇る。

著者:フリードリヒ・シュライアマハー
訳者:安酸敏眞
出版:教文館

2020年12月15日

キリスト教古典叢書 キリスト教信仰

16,500円(本体15,000円、税1,500円)

購入数

カテゴリー