夕べになっても光がある 「老い」について聖書からきく

  • 夕べになっても光がある 「老い」について聖書からきく
聖書は、齢を重ねる者への慰めと警告を豊かに与えてくれる。「老い」の視点から向き合った御言葉の黙想は、高齢による悩みや不安をあたたかい眼差しでやさしく包み込み、「夕べになっても光がある」(ゼカリヤ書14・7)との希望を示してくれるだろう。


【目次】

恐れるな――序に代えて

見守る神
  ………詩編121編1−8節
神はわが砦、わが住まい
  ………詩編71編1−3節
人生の重荷と完成
  ………箴言16章3節
恵みの出来事
  ………箴言14章10節 、ローマ12章15−16節
思い悩むな――キリストの愛に包まれて
  ………マタイ6章24−34節
喜びなさい
  ………フィリピ4章4−7節
ねばり強く祈れ
  ………マタイ15章21−28節
願いどおりにならずとも
  ………マタイ18章19節
神の子とされるために
  ………マタイ5章43−48節
「老い」と「死」への備え
  ………詩編90編7−9節、コロサイ3章1節
神に負われる人生
  ………イザヤ書46章3−4節
神の前に豊かな人生
  ………ルカ12章16−21節

あとがき


宍戸 好子:著

四六判 上製 88ページ

出版:日本キリスト教団出版

夕べになっても光がある 「老い」について聖書からきく

1,540円(本体1,400円、税140円)

購入数

カテゴリー