有馬キリシタン王国記(信仰の耕作地)

  • 有馬キリシタン王国記(信仰の耕作地)
有馬セミナリヨは、「1580年4月3日の復活祭の直後に開校した。
(中略)ここに22名の生徒をもってセミナリヨの授業が始まった」とあり、日本最初の神学校の発足であったが、「教師・卒業生が一人一人過酷な運命をたどらなければならなかった学校の幕開きでもあった」(「本文」より)

著者:福田 八郎(ふくだ・はちろう)
1936年、長崎県生まれ。佐賀大学文理学部国文科卒。編著「長崎県謎解き散歩」、「孝子安永安次」、「巖吼庵 御願書扣」、翻刻「寛永平塞録」など。平成24年度 島原文化賞受賞 

出版:聖母の騎士社

ISBN 978-4882163794

発行日 2020-04-12

有馬キリシタン王国記(信仰の耕作地)

1,100円(本体1,000円、税100円)

購入数

カテゴリー