溝部脩司教からの贈りもの 105名の証言
2016 年2 月29 日、80 歳で帰天された溝部脩司教への思いをそれぞれの時代でかかわった司教、神父、シスター、教え子、協働者たちが綴る。105 名の証言からは神を愛し、人を愛し、共に喜び、共に祈る一人の神父の姿が生き生きと蘇る。

〜編集長からひとこと〜
溝部脩司教が帰天されて4年の月日が流れます。溝部師を知る人たちが、彼との思い出を何か文集にできないかと、2018年8月末に大分カトリック教会内で溝部司教追悼文集企画実行委員会が立ち上がり、105名の証言が集まりました。その一生涯の情熱を青年たちへ注がれた溝部司教の遺志が未来への道しるべとなり、この本を手に取られた方々の心に引き継がれていくことを心より願っています。

〜編集者からひとこと〜
「青年の本質は今も昔も変わっていない、本当に純粋な青年たちがたくさんいます」と言って、晩年に京都で結んだ望洋庵で、若者たちと共に集うことを最後の使命とされた溝部脩司教。その80年の生涯はすべてが人々のためにあったといっても過言ではありません。105名の証言から浮かび上がる溝部脩という一人の神父に、あなたもきっと心を奪われることでしょう。


溝部脩司教追悼集企画実行委員会 編

出版:ドン・ボスコ社

2020年2月29日
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.