ジョヴァンニ・バッティスタ・シドティ 使命に殉じた禁教下最後の宣教師
「シドッチ」の名で知られるイタリア人宣教師シドティ、初の学術的伝記

2014年7月、文京区小日向の「切支丹屋敷跡」から出土した人骨は、江戸時代中期の日本に潜入して捕らえられ、当時6代将軍の侍講であった新井白石より尋問を受けたシドティ(1667-1714)のものと判明した。

本書は、地元イタリアでの研究を元に、彼の人となりや日本までの足取りを追い、シドティの姓名や生没年月日をはじめ、教会での立場や肩書等についての様々な誤解や間違いを正し、『西洋紀聞』など日本語資料から補完した初の学術的伝記。


出版:教文館
著者:マリオ・トルチヴィア
訳者:北代美和子/筒井砂
監訳:高祖敏明

2019年6月
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.