恵みに満ちた贈り物
「ちいろば先生」こと榎本保郎牧師の妹であり、後に日本基督教団総会議長ともなる後宮俊夫牧師の妻である、松代さんの自伝。日本のキリスト教伝道史の一舞台から、キリスト者の一生が苦難と恵みに満ちたものであること、神と共に生きて老いてゆくことのさいわいを伝える。

【目次】

機ゝГ蠅鯑擦靴襪戮箸靴

神代駅の家/兄榎本保郎の贈り物/誤解とお見合い/隔離病棟の保育所/できるのは祈ることだけ/鯨の会堂・ビルの会堂/日本海の波音/ピスガの高嶺を仰いで

供,△凌諭△海凌諭△修靴

つつじ館の笑顔/榎本保郎の遺したこと/姉妹と兄弟/家族みな主の前に

終章
目覚め

著訳者: 後宮松代:著
出版社: キリスト新聞社
発売日:2019年6月7日
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.