十字架と桜
日本を象徴する花として愛されてきた「桜」。明治以降でも「日本になじまない」とされてきたキリスト教の「十字架」。この対比をどう考えればよいのか。十字架(キリスト教)と桜(日本)との対峙の根底に厳然と横たわる「日本的なもの」を浮き彫りにし、「キリスト者日本人」の使命を考える。

著者:丸山忠孝
出版:いのちのことば社

発売:2019年03月10日
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.