証言者たち 厳律シトー会アトラス修道院の七人の殉教者
2010年9月に公開された映画『神々と男たち』のモデルとなった7人の修道者は、1996年テロリストたちによって連れ去られ殺された。なぜ彼らは命の危険を顧みず、最後まで人びとの中にとどまる道を選んだのか。修道者たちの証言、手紙や日記などからたどる。

厳律シトー会アトラス修道院の七人の殉教者とは…
クリスティアン・ド・シェルジェ神父、リュック・ドシエ神父、クリストフ・ルブルトン神父、ミッシェル・フルーリー神父、ブルノ・ラマルシャン神父、セレスタン・ランギール神父、ポール・ファーヴル・ミヴィーユ修道士の7人のフランス人修道者たちのことである。
彼らは1996年3月26日〜27日の夜にかけて、アトラス修道院からテロリストたちに拉致された。その後、テロリストたちと、アルジェリア政府、フランス政府の交渉が失敗し、おそらく5月21日に修道者たちは殺された。その後、5月30日に修道者たちの切り落とされた首だけが見つかった。6月4日、アルジェリアの大聖堂で荘厳な葬儀ミサが行われ、続いてアトラス修道院の墓地に葬られた。約2ヶ月間の拘留と死の状況については未だにわかっていない。

著者:ベルナルド・オリベラ
出版:ドン・ボスコ社

2018年7月17日

販売価格  1,080円(本体1,000円、税80円)

購入数  

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.