オペラな日々 Opus Dei
歌は祈り。祈りは歌。

月刊「いのちのことば」の好評連載がついに単行本化!

世界を舞台に活躍するオペラ歌手が、福音を日常の中で再現する喜び、賛美することの楽しさ、祈りの世界の奥深さ、神の愛の偏在を四季折々のことばでつづった魅力的なエッセイ。

<稲垣俊也氏(いながき としや) バスバリトン>
東京芸術大学卒業。文化庁オペラ研修所第7期生修了。'92年文化庁2年派遣芸術家在外研修員。パルマ・ヴェルディ国際声楽コンクール優勝。新国立劇場オープニング公演で團伊玖磨「建 TAKERU」を主演。二期会創立50周年記念公演、宮元亜門演出「フィガロの結婚」フィガロ役で主演。「ドン・ジョヴァンニ」のドン・ジョヴァンニ役と「カルメン」のエスカミーリオ役は、新国立劇場や能演出による公演等であたり役としている。宗教曲ソリストとしては、特に3大オラトリオ(エリア、天地創造、メサイア)3大レクイエム(モーツァルト、ヴェルディ、ドヴォルザーク)ではスペシャリストとして定評がある。第3回グローバル東敦子賞、第22回ジローオペラ新人賞受賞。現在東京キリスト教学園講師。二期会会員。


書籍 B6判 / 192 頁

著者:稲垣俊也
出版:いのちのことば社
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.