聖書の風景
画家は何を、聖書から読み取り、形にしたのか──

日本を代表する洋画家小磯良平(1903-1988)が、日本聖書協会から委嘱され口語訳聖書のために書き下ろした32枚の聖書挿絵。

生前の小磯と親しく接していた著者が、画家の人生行路と重ねつつ、1枚1枚の挿絵を読み解く。
聖書から挿絵へ、挿絵から聖書へ。
その往復運動から生まれる信仰表現のドラマ。


著者: 岩井健作
出版: 新教出版社

判型:A5変型/165頁
発売:2018年3月23日

販売価格  2,700円(本体2,500円、税200円)

購入数  

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.