日本人が知らない世界の歩き方 (PHP文庫)
世界を歩けば、「ろくでもないこと」ばかり――。

裏切り、社会の嘘、戦争の悲惨、女の虚栄心、男の支配欲……。
世界を歩くと一見、愚かで、浅ましい光景に遭遇するが、
そこにこそ、人間の真実がある。だから、おもしろい。

アジア、ヨーロッパ、アメリカ、南米、アフリカと、
世界中を旅した作家は、こう記す。
「私は小説にするのさえ億劫になるほどの、
胸をしめつけられるほどの名短編そのままの人生を見ていた」。
この地球で繰り広げられる絢爛たる人間の生とは何か――。
ガイドブックには決して書かれない、
深遠な言葉の数々は、日本人の常識を揺さぶってやまない。

【目次より】
第一章 アジア――人間の「ろくでもない強さ」
第二章 ヨーロッパ――「それが人生」
第三章 アメリカ――どうでもいい素顔
第四章 南米――金と愛、そして子供
第五章 アフリカ――自然の威力、人間の無力
第六章 アラブとユダヤ――健康的な闘争
総 括 世界を歩くということ

著者:曽野 綾子
出版:PHP研究所

販売価格  778円(本体720円、税58円)

購入数  

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.