ユダヤ教の福音書 ユダヤ教の枠内のキリストの物語
「父なる神と子なる神、神であり、同時に人間でもある救い主」「救済の過程で受難し、殺される救い主」。

このような考え方は本当にキリスト教に独自のものなのだろうか?

新約聖書ならびに古代のラビ文献を丹念に読み直し、ユダヤ教とキリスト教に対するこれまでの見方を覆す問題作!

[目次より]

第1章 神の子から人の子へ
第2章 「第一(エチオピア語)エノク書」と「第四エズラ書」における人の子
――ナザレのイエス以外の一世紀のユダヤ教におけるメシア
第3章 イエスはユダヤ教の食物規定(コシェル)を守っていた
第4章 ダニエル書の註解(ミドラシュ)としての受難するキリスト
結び ユダヤ教の福音書


著者:ダニエル・ボヤーリン
訳者:土岐健治

出版:教文館
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.