「洗礼」をめぐって 今日聖書はなにを語っているか

  • 「洗礼」をめぐって 今日聖書はなにを語っているか
洗礼そのものは救いをもたらさない。まして教会加入の儀式などではない。

洗礼を受ければクリスチャンとされ、教会の陪餐会員となる。洗礼をこのような権利と義務へ制度化してきた教会のあり方を聖書原典を分析・解釈、精読することによって批判・検討し、「水で始まり、火で終わる」洗礼を受けたナザレ人イエスを遡行することで洗礼本来の意味に迫る「洗礼論」!

出版社: ヨベル
著訳者: 早坂文彦:著
発売/発行年月: 2022年1月
判型: 新書
ページ数: 256

「洗礼」をめぐって 今日聖書はなにを語っているか

1,210円(本体1,100円、税110円)

購入数

カテゴリー