心を神に 礼拝への思索と実践
「具体的な礼拝の経験が、信仰と教会を形成する」。

そのような視点から著者は「教会の礼拝の持つ歴史的な背景、豊かさを示すとともに、それらが今を生きる教会の中で、どのように生き生きとダイナミックな姿を表すことができるか、自らの体験を通しながら現代の教会の実践を紹介し、そして未来への希望を語る。

礼拝への学びを深めたいと願うすべての方々に、また教会での研修会等に最適な本。

著者は日本聖公会東北教区主教であり、礼拝学者である加藤博道。

著者:加藤博道
出版:聖公会出版
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.