人は何を祝い、なぜ歌うのか
信仰の本質から捉えなおす典礼音楽

教会が、礼拝を歌わずにおられないのはいったいなぜか。礼拝とは何であり、またそれを行うために音楽が必要であるのはなぜか?音楽が礼拝の神秘を、人々に伝えるという事はどのように成り立つのか?礼拝の神秘と、会衆が歌っている音楽とを結ぶ本質的なつながりとは何か?これらの問いに神学的な見地から考察した本邦初の書。著者は、米国のカトリックの修女で著名な典礼神学者であると同時に音楽家、また声楽家。

著者:カスリーン・ハーモン 
竹内謙太郎/監修 菊池泰子・榊原芙美子/訳
出版:聖公会出版

判型:四六/ 196 頁
発売年月:2013年8月28日

販売価格  3,024円(本体2,800円、税224円)

購入数  

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.