信仰と想像力の哲学 ジョン・デューイとアメリカ哲学の系譜

  • 信仰と想像力の哲学 ジョン・デューイとアメリカ哲学の系譜
アメリカを考えることは、「私たち」を考えることだ。デューイという「集合知」を通して、アメリカ知識人たちの社会批評をたどる。

「過去を取り消せないが、未来には働きかけられる」。他者と状況から学びつつ思考したデューイは、保守的かつリベラルな未来志向の哲学を構想した。プラグマティストは近代化にどう応答したのか。大衆社会論、心理学、神学、ロマン主義、自然主義、パース、ジェイムズ、ローティなどとの線を結び、アメリカ哲学の新しい星座を描く。

<目次>
導入 ジョン・デューイはどうして宗教哲学者なのか
 1 彼の知的ポートレイト
 2 宗教はなぜ哲学の問題になるのか
 3 デューイはなぜ検討されねばならないか
 4 議論の手順や構成について

序論 A Common Faithはなぜそう呼ばれるか──共同性、想像力、歴史
 1 宗教哲学の主要概念──信仰、共同性、敬虔
 2 デューイ宗教哲学における「信仰」の構造
 3 なぜ宗教は共同性の問題になるのか
 4 どのようにして信仰の共同性は拡大するか
 5 どこまで共同性が認められうるのか──機械や動物は「人類」か

第一部 近代アメリカにおける消費・政治・宗教

第一章 近代アメリカにおける大衆消費社会の生成と構造
 1 シカゴ万博から消費社会へ──ブーアスティンとその批判者
 2 近代アメリカの三つの革命──グラフィック革命、民主化、生産体制
 3 イメージと疑似イベント
 4 消費の社会的影響──オリジナルとコピーの行方
 5 消費は感性を書き換える
 6 アメリカ的生活様式と、その共同性

第二章 「リベラリズムは豚を焼くために納屋を焼いてしまった」──リップマンとデューイの先入見論
 1 複雑な社会、漂流する個人──リップマン=デューイ論争の解体
 2 「ボヘミアの海岸」が描かれていない地図──外的制約とステレオタイプ
 3 近代社会におけるステレオタイプの機能と、専門家への疑義
 4 豚を焼くために納屋を焼く──リップマンの隘路
 5 探偵と衣服、そして初心
 6 見失われた道筋──「論争」の先へ

第三章 不安定な覚醒者たちの連帯──憂鬱、科学的方法、レトリック
 1 「覚醒」の時代における民主主義
 2 病める魂、回心による解放、近代的な憂鬱
 3 覚醒者の手記とその解釈
 4 解釈における二つのスタイル──教義的方法と科学的方法
 5 私たちはいつでも中間のどこかにいる
 6 他者との不一致を知るための間文化的視点

第四章 介入する部外者たちの重なり合う関心──二つの公私概念と公私の境界設定をめぐって
 1 「公共」哲学者、ジョン・デューイ?
 2 当事者ではなく、アウトサイダーの公共性──動物心理学からの影響
 3 脱地域化と、介入する公衆──ウェルズ、ウォラス、リップマンからの影響
 4 公私の境界設定と「物質文化」の問題
 5 CFにおける「重なり合う関心」──デューイ、ローティ、ロールズ

第二部 信仰と想像力の哲学

第五章 創造的想像力と自然化されたロマン主義──心理学から宗教学へ
 1 ロマン主義的遺産の相続者、ジョン・デューイ
 2 想像力の概念史
 3 Psychologyの想像力論
 4 A Common Faithの想像力論

第六章 消費者に自己超越は可能か──ブーアスティン、デューイ、ニーバー
 1 ジャズエイジ、あるいは一九二〇年代に由来する「期待」
 2 イメージに飲み込まれる社会──産業と消費者の観点から
 3 消費は理想を台無しにする──ブーアスティンとスコット・フィッツジェラルド
 4 経験にある理想の芽を育てること
 5 理想概念の由来と展開──ラウシェンブッシュとC・S・パース
 6 共感、敬虔、有限性
 7 ニーバーにおいて、ニーバーを超えて

第七章 画一性のディストピアを超えるための二つの戦略──A Common Faithを読むエーリッヒ・フロム
 1 豊かな郊外に現出する画一性のディストピア
 2 ジョン・デューイを読むエーリッヒ・フロム
 3 フロムの脱宗教的宗教論
 4 テクストにおける痕跡の抹消
 5 幼児固着と孤立的人間観──二人の批判対象 
 6 愛と治療か、普通人の協働か
 7 精神分析家と教師──導き手について
 8 「共感」を通じた自律の達成

第八章 民主主義へのジェファーソン的「信仰」──政治的疎外、自然権、楽観性
 1 複雑化する社会における自己統治のジレンマ
 2 過大な期待と主権の神話──リップマンとブーアスティン
 3 二人のジェファーソン
 4 制度構築的な反制度主義
 5 民主主義以前の「信頼」
 6 デューイ哲学が楽観的であるとはどういうことか
 7 未来への責任と楽観性

終章 知を欲望する、地図を手にする、庭を耕す──図書館と現場を行き来する哲学
 1 お上品な伝統と、変化を抑圧する哲学
 2 形而上学の回避と、文化としての哲学
 3 知への欲望としての哲学
 4 地図、図書館、庭園

あとがき
参考文献一覧
人名索引

著者:谷川嘉浩
出版:勁草書房

2021年2月20日

信仰と想像力の哲学 ジョン・デューイとアメリカ哲学の系譜

6,270円(本体5,700円、税570円)

購入数

カテゴリー