ヘブライ語聖書対訳シリーズ17 列王記上2(12〜22章)

  • ヘブライ語聖書対訳シリーズ17 列王記上2(12〜22章)
ソロモンの死後、国は北イスラエルと南ユダに分裂。南北の王国間での戦争や外国勢力が増大。

内憂外患の政治・宗教の状態であった。

そのような時、神の霊に満ちて決然と立ち上がった預言者エリヤを通して、聖書の歴史はどう進められたのか。

三千年の時を超えて、今こそ読まれるべき箇所であろう。

版社: ミルトス
著訳者: ミルトス・ヘブライ文化研究所編
判型: A5
発行日:2009/9/30

ヘブライ語聖書対訳シリーズ17 列王記上2(12〜22章)

3,080円(本体2,800円、税280円)

購入数

カテゴリー