協力と抵抗の内面史 戦時下を生きたキリスト者たちの研究
あの時代のキリスト者たちは、どのような葛藤を抱えていたのか
戦時下を生きたキリスト者たちを、「戦争協力者」や「抵抗者」といった一面的な評価で裁断できるのか。
富坂キリスト教センターが立ち上げた「内面史研究会」は、キリスト者個々人の内面の歩みに注目し、当事者のこころの葛藤、相克や矛盾などを検証することにより、十把一絡げの評価や決めつけを乗り越え、太平洋戦争下のキリスト者たちの動向、すなわち追随・加担・協力、そして沈黙・拒否・抵抗の諸相を重層的に跡づけようとする。
本書では、日本人キリスト者のみならず植民地下の現地のキリスト者にも着目する。キリスト教思想史・教会史への新たな視角。

【目次より】
共同研究のねらい  戒能信生

「日本的基督教」への道のり――今泉源吉のあゆみ  大久保正禎
罪責感について――ホーリネス史から考える戦争責任  上中栄
戦時下説教の実像――大連西広場教会月報『霊光』を中心にして  戒能信生
戦時下を生きた牧師 廣野捨二郎  矢吹大吾

日本統治末期の朝鮮における信仰弾圧とクリスチャンの内面分析――朴允相と孫良源のケース  徐正敏
植民地朝鮮における「信教の自由」――「改正私立学校規則」と「神社参拝問題」を巡って 李省展
戦時期台湾におけるキリスト教徒の「内面」を問う  高井ヘラー由紀
宣教師の見た日本人牧師――「満洲国」のキリスト教界を例として  渡辺祐子

H・E・テートの内面史研究  山崎和明
共同討議

出版:新教出版社
著者:富坂キリスト教センター:編
発売: 2019年5月
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.