怒って神に ヨナの怒りに触れて
理不尽で、しつこく、放っておいてくれない。そんなとんでもない聖書の神と渡り合った預言者と、その男に取りつかれたもうひとりの男の物語。

ともかく、神に怒りをぶつけた。人にではない。神にである。親でもない。そんな大それた家族でもない。預言者仲間の先輩にでもない。本気でただ神に怒った。神以外にそこには誰もいなかったのも事実だ。他に誰を相手にこの怒りをぶつけたらよいのだ。といっても、仕向けたのは神である。神が仕掛け人である。

著者:上沼昌雄
出版:ヨベル

2019年2月25日
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.