楕円形のこころ がん哲学エッセンス
病気であっても病人でない暮らしをするために、病理医が送る言葉の処方箋。著者は、重い病を抱える患者さんとその家族を「がん哲学外来」を通じて、精力的に支援している。その人間学の基本的な考え方と言葉のエッセンスを本書に収め、誰もが自分らしく人生を最期まで豊かにする心のメッセージ。


【著者プロフィール】
樋野 興夫 (ヒノオキオ) (著/文)

医学博士。順天堂大学医学部(病理・腫瘍学)・国際教養学部教授(併任)。(社)がん哲学外来理事長。東京女子大学理事。恵泉女学園理事。1954年島根県生まれ。癌研究会癌研究所、米国アインシュタイン医科大学肝臓研究センター、米国フォックスチェイスがんセンターなどを経て現職。2002年癌研究会 学術賞、2003年高松宮妃癌研究基金 学術賞、2004年新渡戸・南原賞、2018年日本癌学会 朝日がん大賞、長與又郎賞。『がん哲学外来入門』(毎日新聞社)『がん哲学外来へようこそ』(新潮社)『「今日」という日の花を摘む』(実業之日本社)『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい』(幻冬舎)『がんばりすぎない、悲しみすぎない、「がん患者の家族」のための言葉の処方箋』(講談社)など著書多数。


出版:春秋社

2018年12月10日
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.