あまつましみづ -異能の改革者永井英子の生涯-
詩人、翻訳家、教師、伝道者、ジャーナリスト、講演家、実業家……
日米で活躍したスーパーウーマン!

今も愛唱される讃美歌『あまつましみず』の作詞者・永井(旧姓松本)英子(ゑい子)(1866-1928)。新聞草創期の女性記者として足尾鉱毒事件を糾弾、米国に渡り保険代理人として商才を発揮し、病床にあっても反戦を訴え続けた不屈の平和主義者でもあった。彼女の知られざる数奇な生涯を記した評伝。


彼女は人生の前半で祖国を離れ、生涯帰国することがなかったため日本では無名だったけれども、もし時と所を得て日本で活躍していれば、若松賤子のような翻訳者として、あるいは津田梅子や平塚らいてうと比肩される女性改革者として後世に名を残したであろう。……苛酷な時代の暗部を糾明し、権力の暴圧と闘った「異能の改革者」永井英子、そして結婚後の彼女を畏敬し支え続けた夫・永井元による、本書は知と愛と闘いの壮絶な人生ドラマである。 【「はじめに」より】


【目次】
第1章 神童の前途
第2章 閉塞社会の弾圧
第3章 アメリカ社会での奮闘
第4章 学位とビジネス
第5章 病床からの闘いと死
終章 憩(いこひ)の水濱(みぎは)

著者:永田圭介
出版:教文館

2018年8月10日

販売価格  2,700円(本体2,500円、税200円)

購入数  

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.