キリスト教宣教と日本 太平洋戦争と日米の動き
1873年のキリスト教禁制の高札撤去により、日本におけるキリスト教宣教は認められた。

これにより、各海外ミッションにより教派形成が進められていくが、太平洋戦争が勃発。

戦況に対してアメリカのキリスト教団体は、日本宣教にどのように対応したのか、そして戦後の日米のキリスト教団体の動きはどのようなものであったのか。

戦後日本の形成にキリスト教宣教はどのような影響を及ぼしたのかを、特にバプテスト派の動きを中心に探る。

著者:原真由美
出版:彩流社





販売価格  2,700円(本体2,500円、税200円)

購入数  

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.