南島キリスト教史入門  -奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と越境-
最新の沖縄キリスト教通史



琉球王国の最大版図とほぼ重なる「南島」のキリスト教は、日本のキリスト教に従属しない独自の広がりを持つ。

なぜ南島には多くの教会が建てられ、現在でも多くの人の信仰を集めているのか。

その歴史を丹念な調査と「交流史」的な視点から重層的に追求した労作。

『福音と世界』好評連載の待望の単行本化。

著者: 一色哲
出版: 新教出版社

2018年5月30日

販売価格  2,376円(本体2,200円、税176円)

購入数  

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.