キリスト教と諸宗教 -対決から対話へ-
「教会外に救いなし」「イエスこそ唯一の救い主」の真意、「救いの計画における他宗教の意味」など、重要かつ難解な神学的命題について、伝統的立場に立ちつつ、新たな展望を求めて考察した意欲作。

【目次】
推薦文 森一弘司教
序論――本書の概要
第1章   イエス、使徒的教会、諸宗教
第2章   岐路に立つ第二ヴァティカン公会議――現代の視点1(公会議)
第3章   最近の神学におけるキリスト教と諸宗教――現代の視点2(神学)
第4章   契約の神と諸宗教――救済史の視点
第5章   多様で豊かな方法によって――啓示の視点
第6章   神のみことば、イエス・キリスト、世界の諸宗教――みことばの視点
第7章   「かけがえのない仲介者」(唯一の仲介者)と「臨機応変なる諸仲介」(複数の参与的な仲介)――仲介者の視点
第8章   神の国、教会、諸宗教――神の国と教会の視点
第9章   多元的な社会における諸宗教同士の対話――対話の視点
第10章   諸宗教者相互の祈り――祈りの視点
結論――新たなる提案
あとがき――愛と交流の神において、開かれて生きる

著者: ジャック・デュプイ
訳者:越知健/越知倫子
監修・解説・註釈:阿部仲麻呂

出版: 教友社
判型:A5/519頁

発売:2018年5月5日

販売価格  3,672円(本体3,400円、税272円)

購入数  

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.